ピンキープラスに含まれる成分について

ピンキープラスに含まれる成分
バストアップサプリといえばプエラリア・ミリフィカが主成分となっているものが多いです。プエラリアは植物性エストロゲンを含んでおり、体内に入ると脳内では女性ホルモンが活発に働いている状態となり、バストアップ効果を発揮すると言われています。

ただ、中にはプエラリアを大量に摂取することで、何かしらの副作用を起こす人もいるようなので、バストアップサプリを飲むのを躊躇している方もいます。

では今、注目されているピンキープラスはどうなのでしょうか?ピンキープラスはプエラリアを含んでいないバストアップサプリとなっています。つまり、副作用を起こす心配がないのです。

それではピンキープラスに含まれる成分について、詳しくご紹介していきます。


ピンキープラスの含まれる成分は、主にハーブ系のものが多くなっています。

■ブラックコホシュ

ブラックコホシュは、民間療法に使われていたハーブとしても有名です。根っこの部分にイソフラボンが含まれているので、バストアップサプリに使われることが多くなっています。

■ロディオロゼア

ストレス緩和作用のあるロディオロゼアです。ロディオロゼアには疲労回復や抗酸化作用といった効果も確認されています。

■バレリアン

バレリアンは不眠症や精神安定の方に使用されている成分でもあります。睡眠改善に効果を発揮するため、成長ホルモン増加の成分ともいわれています。

ピンキープラスは他にも、新陳代謝促進するヘンプオイルや発酵ウコンなどの成分も含まれています。

これらの成分を摂取することで、バストアップしやすい体作りのサポートをするのです。

まず栄養失調状態のバストを元の健康なバストに戻したうえで、バストアップ成分であるブラックコホシュで女性ホルモン促進へと繋げていくのです。

ブラックコホシュにはイソフラボンが含まれているのですが、副作用もプエラリアと比較しても、圧倒的に少ないといわれています。ですから安心して飲むことができるのです。

このページの先頭へ